最近のトラックバック

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月25日 (金)

妖怪はどこにいったの?

日本の、大昔のお化け達はどこかユーモラス。
百鬼夜行で、もし縦の列でこちらに歩いている絵があったら、少しは怖そうに見えるかもしれないけど、横一列に描かれてる蒔絵の妖怪は、ちっとも怖くない。ま、本当に隣の部屋からろくろ首が伸びてきたり、「うらめしや~」と幽霊が出てくりゃ、そりゃあ怖いだろうけどね。

ふと、現代の妖怪はどこにいるんだろうと思った。

昔は、ろくろ首はそこらへんの家に潜んでいただろうし、河童は池でいたずらしていたし、犬神や天狗は裏山に住んでいた。百鬼夜行の妖怪たちは、ちゃんと帰る場所があったのだ。自然の不思議な現象を畏れた人々の作り出した想像の妖怪たちは、家や自然の中にいるという実態があったように思う。

ドラキュラだって、お気に入りの棺の中にいるぞ!ww~

でも、現代の妖怪はどこにいるんだろう?

現代では無くてはならないインターネット。ネットの中に妖怪がいるのかな?

デジタル化された妖怪だったりしてね。

どちらにしても、実態がない。潜んだり帰る場所はなくて、世界中を飛び回る。自分の想像力や存在が及ばない場所で、妖怪たちは縦横無尽に走り回る。そして、目に見えないのだ。だから怖い。ろくろ首より怖い。

色も形も人それぞれの空想の産物に、共通点はあるのかしら?

仮想現実の中で遊ぶことは楽しいし無限に広がるように思うけれど、あくまで人のこしらえた世界の中で遊んでいることになるなぁ。自然は及びもつかないほどに、神秘的で危険で美しい。私たちは忘れているけど、妖怪達は、きっとまだ自然の中で身を潜めて遊んでいるのかもね。ちょっと会いたいな、、、なんて。

同じものを怖い、と思ったり、綺麗、と思ったり、そんな素朴な感情は、これからしみじみと大切にしていかなくてはいけないような気がする。

パジャマパーティーでも開いて、ネット妖怪って、どんなんだと思う?と話しあったら、意外に面白そう。いやいや、未来はパジャマパーティーではなくて、ホログラムパーティーね。世界の果てに住む友人とでも30分後にね、とすぐに会えるのはいいな。

半透明の私たち・・・これって、私たち人間が妖精やら妖怪になったみたいだね・・・。

Img_0984

2015年9月16日 (水)

ご近所のとあるお宅。以前は老夫婦がお住まいになっていた。とても優しいご夫婦だった。

家というのは不思議なもので、住む人や状況によって様相が変わる。外観は何も変わっていないのに、どこか伝わってくる雰囲気が違うような気がする。

そのお宅のご主人が亡くなるしばらく前から、その家の様子が変わった。どこか、寂しげで静かな様子に見えた。

ご主人のお具合が悪かったことを知らなかった私は、ふとその家のたたずまいを見ながら首を傾げていた。そういえば最近、ご主人にお会いしないなぁ・・・。

不思議なご縁で、そのご主人のお名前は、亡くなった私の父の名前と同じだった。表札を見て驚いた。珍しい名前なのに、字まで同じだったので、その優しいご主人と、物静かだった父と、どこかで父の面影を重ねていた様に思う。

ご挨拶を交わすくらいで、交流があったわけではないので、ある日、奥様の喪服姿を見て、はっ!と思った。門越しに尋ねたらご主人が亡くなったという。

お香典を届けた時に、奥様は「何でも主人に頼っていたから、私はもう生きていく自信がないのです。だから、私ももうすぐ死んでしまうだろうと思います」と、消えいるような声でお話をなさった。

その後、ご主人の後を追うように、半年ほどで奥様も亡くなられた。その少し前に何度かお話したが、自分の家の中にいるのに、玄関のチャイムが鳴っても、玄関まで辿り着けなくて、いよいよ自分もダメだと思うとお話になっていた。すぐに親戚の方が同居なさっていたけれど、家の様子は、どんどん変わっていった。綺麗に手入れはなさっているのに、暗くて寂しげで。家を見る度に悲しい気持ちになった。

しばらくすると、家の様子は元気を取り戻したように見えた。ご親戚の若い男性が住むようになったと風の噂で聞いた。お会いすることもなかったが、どなたかお若い方が住んでいるのかしら、と思っていた。家がとても楽しげに見えたのだ。力に溢れていた。

先日、朝出勤するその男性を初めて見た。生き生きと歩くその後姿を見ながら、私は思わず、この家に住んでくれてありがとうと心の中で言った。亡くなったご夫婦もきっと喜んでいらっしゃるでしょう。私も、元気な家を見て嬉しいです、、と。

天国にいるご夫婦に、心の中で手を合わせた。

と同時に、ふと自分の家を見ながら、家族が住むこの家がいつまでも元気でいられるように頑張らなくちゃと。なんだか良いことがありそう・・・。

私は落ち葉の掃き掃除を始めた。

Img_1781

2015年9月14日 (月)

ポアロ再登場?

ふらりと立ち寄った書店で、ポアロ再登場!の文字が目に入った。名探偵ポアロ・シリーズ、39年ぶりの最新作?

え~、どういうことよ、まるで死んでしまった友人がやっぱり生きていたのよ・・・と言われたみたい。マジ、心臓がドキドキした。で、その単行本を手に取った。よく見たら、実力派作家が贈る・・と入っている。

ソフィー・ハナ、英国の作家、詩人、とある。なんだ、そういうことか・・・。

「Little Faces」は10万部を越すベストセラーになり、「次世代に注目すべき詩人」に選ばれるなど、実力は折紙付。幼い頃からのクリスティーファンということもあり、公認続編である本書執筆に白羽の矢が立った・・とある。

ふぅ~ん、なるほど、知らなかったな、ソフィー・ハナ。でも、クリスティーじゃないポアロってどうなんだろな~?・・でも読んでみないとなんとも言えないし、クリスティーファンとしては見過ごせないし、ポアロは友達だから(って勝手に)・・・、あれこれ悩んで、結局買ってきた。

さて、今から読んでみましょー。ww~

Img_1778_2

2015年9月 9日 (水)

2015・9月 松坂多恵子シャンソンライブスケジュール.

涼やかな虫の声に秋の気配が美しい。でも短い夏が過ぎていくのは少し寂しい・・・。

さて、9月29日、音ステージの松坂多恵子企画Vol.5弾!今回はベテラン歌手お二人をお招き致しました。石原友夫さんは、人生の機微を悲しくまた激情的にお歌いになります。ユーモアたっぷりの歌も絶品。そしてトークもとても楽しい! 茉鈴さんは、愛を切なくリアルにお歌いになります。魅力的なお二人で、大好きな歌い手さんです。
ピアノは末永正博さん。いつも芳醇で官能的な演奏は観客を魅了します。そして、今回はジャズ界で大活躍のベーシスト日下部史貴さんも加わります。豪華ミュージシャンによる迫力の音ステージライブです。是非お出かけ下さい。
YouTube「スカボローフェア」もよろしく!

9月18日(金)    シャンソニエQui   宇野ゆう子 尾川京子  松坂多恵子   Piano 城所 潔
9月29日(火)    音ステージ  松坂多恵子 企画Vol.5 ヴォーカル 石原友夫  茉鈴  松坂多恵子  Piano 末永正博  Bass 日下部史貴 start19:30 2set 5500円ワンドリンク、乾き物付き       
 

音ステージQui  http://music.geocities.jp/chansonqui/sub3.html

新宿区新宿3-2-2紺野ビル 2F  03-3341-1814

ステージ  午後7:30~   9:00~    2回ステージ

シャンソニエQui http://music.geocities.jp/chansonqui/sub3.html

新宿区新宿3-2-2紺野ビル B1  03-3341-1492

ステージ 午後7:30~  8:30~  9:30~   3回ステージ


2015929



銀河の彼方へ

銀座4丁目の交差点。星が瞬く藍色の夜空を背景に、プラムの様なルビーやサファイヤ、ダイヤモンドがはめ込まれた和光堂の時計台を、なんて美しいのだろうと見上げていた。ふと傍を見ると、大きな望遠鏡が置いてあって、黒いレースの手袋をした美しいご婦人がその望遠鏡を覗いている。

何とも不思議な光景だなぁと思いながら好奇心も手伝って、その望遠鏡へ近づいた。

するとそのご婦人が、「どうぞご覧になって下さい。」と言うので、引き込まれるように望遠鏡を覗いた。

その瞬間、望遠鏡の中からまるでワープするように、宇宙の彼方へ飛び出した!

いつの間にか、ディズニーランドのアトラクションのような、小さなカプセル型の乗り物に乗っていた。全て透明なので足元も頭の上も宇宙が見渡せる。

神々しく壮大な銀河を感動と興奮の中で、漂った。 

突然、目の前に大きな薄いブルーの空間が現れた。昔流行った、ぐるぐるストローのような形の巨大な空間が横たわっている。

私は「これぞ宇宙の謎を解くカギだ!」と、なんの疑問もなく確信した。

すると次の瞬間、私は大きな古い屋敷の玄関に立っていた。今まで宇宙旅行してたのになんと残念だと思いながら・・・。


一部屋何十畳の大きさで、襖には虎や松の模様が描かれている。家具は一つもなくて古色蒼然としている。私は、恐る恐る、一枚また一枚とその襖を開けた。いくつ開けたか、突き当りの部屋が古い実験室になっていた。試験管やアルコールランプ、様々な薬品が所狭しと置かれていた。部屋の奥を見ると、そこに白衣をきた鬼気迫る形相の白髪の老婆が佇み、私を凝視していた。

「宇宙の謎を解く本は、あそこにあるよ」

深く皺の刻まれた手の指すその方を見れば、古びた大きな専門書がびっしりと壁を覆い尽くしている。何故か私は膨大な書籍の中で、その一冊がすぐに分かって手に取った。ページを開くと、宇宙に横たわっていたあのブルーの空間が写真に出てる。「ああ、これだ!」と、次の瞬間、高校の時の教室へ。数学の時間。

私はこっそりとその本を開いた。

さてやっと謎を知ることが出来ると、そのページの文章を嬉々として読もうとした。けれど、どうしてもその字にピントが合わない。どうして、どうして?と焦っていたら、目が覚めた・・・。

壮大でリアルな夢だった。ホントに、私の魂は宇宙の彼方へ行っていたのかしらと思ったほど。宇宙の謎は解けなかったけどね・・・♡

Img_0995

2015年9月 7日 (月)

アガサ・クリスティーの「カーテン」

アガサ・クリスティーの推理小説の大ファンである私は、全ての推理小説を読んだばかりではなく、数回読んだ小説も少なくない。

クリスティーの小説との出会いは高校生の頃。「鏡は横にひび割れて」、ミス・マープルのシリーズ。何気ない、とりとめのない日常の会話から、ミス・マープルが事件の謎を解き明かしていくもの。「復讐の女神」の小説の中でミス・マープルを「復讐の女神ネメシスー小さな村に住み、ピンクのショールを肩にかけている老婦人だが、鋭い洞察力で真っ直ぐに真実を暴く人ー」と表現している。最後読み終えた時は、感嘆した!それ以来、大ファンになった。

クリスティーの小説は全ての会話の中に謎を解き明かすヒントを示している。でも、読んでいる最中、全く謎は解けず、ぐいぐいと謎解きに引き込まれる。
もう一人の主人公、名探偵ポアロ。私の中では素晴らしい友人、本当にポアロの友人になれたらどんなに楽しいかしらと思うくらい。

クリスティーは最後に「カーテン」という小説を書いてそれから間もなく亡くなった。ポアロもその小説の中で死んでしまう。だから、私はクリスティーファン30年以上になるのに、この「カーテン」はまだ一度も読んだことがない。私の大切な友人が死んでしまう、そんな小説をどうしても読めないでいた。

・・・のに、先日、衛星放送で、デビット・スーシェ主演の最後のポアロシリーズが放映されて、録画をした。でも、やはり最初に小説を読もうか、それとも映画を観てしまおうか、と散々悩んだが、結局映画を観てしまった。別に後悔はしていないけど、どうも腑に落ちないので、そろそろ小説を読んでしまおうと思っている。どう腑に落ちないのかは謎解きをしてしまうことになるので記載しないが。

1929〜30年代のイギリスの風景、衣装、家具、調度品など、私の一番好きな時代のものでもある。

さて、この「カーテン」いつ読み出すのかな・・・?

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »